カテゴリー別アーカイブ: Notes

1600〜17世紀イタリア・バロック小品集[あなたが選ぶクラシック音楽・番外]

「あなたが選ぶクラシック音楽」を教えて下さい。

尋ねられて、わたしが最初に指折るのは「モンテヴェルディ:聖母マリアの夕べの祈り」。オペラのヴェルディと聞き違いをされることがあって、そもそもクラシック音楽は・・・と紐解く必要に迫られます。

色々話して、結局「へぇ」となって一曲を推薦するだけで終わりがちです。 大概においてバッハから指追われがちですよね。学校でクラシック音楽を学ぶ時にバッハ、ヘンデル、ハイドン、モーツァルトで始まるからだと考えてます。

そこには日本の音楽大学がフランス派か、ドイツ派かという政略関係が裏事情としてあった弊害なのですが。

最も古くはヒルデガルト・フォン・ビンゲンという作曲家から聴き進んで欲しいところなのですが、クラシック音楽というよりもヨーロッパのワールドミュージックの大元という風情なので、ヴァイオリンやらトロンボーンやらという親しみある楽器を使った音楽として1610年をクラシック音楽のスタートとしていいと、わたしは考えています。

17世紀イタリア・バロックの極上の響きに酔いしれる、これからの名盤

1600 -de Macque, Gabrieli, Merula : Alessandrini / Concerto Italiano

より表情豊かな音楽が好まれるようになった「1600年」という時代をテーマに、ガブリエーリやフレスコバルディなど、イタリア・バロック初期を代表する作曲家たちの珠玉の作品が詰まっている。 イタリア・バロックの多様な曲調を存分に楽しめます。

古楽界の大御所コンビ、リナルド・アレッサンドリーニ率いるコンチェルト・イタリアーノによる17世紀器楽アンサンブル小品集。 今回も美しいアンサンブルを聴かせてくれます。作業の片手間に聴くもよし、ゆったりと聴きいるもよし。弦楽器と鍵盤楽器によって奏でられる、軽やかかつ高貴なイタリア・バロックの響きに心癒されるでしょう。 【収録情報】 – 作曲者不詳(ロッシ?):幻想曲 – ガブリエーリ:4声のカンツォーネ『悪魔につかれた女』 – メールラ:4声の器楽カンツォーネ第1集より 第5番『ラ・クレマスカ』 – デ・マック:コンソナンツェ・ストラヴァガンティ – フレスコバルディ:4声のカンツォーナ第5番 – メールラ:半音階的カプリッチョ – サルヴァトーレ:フランス風カンツォーネ第2番 – → 記事を読む