digit@maetel のすべての投稿

ローカルのケーブル放送局で音楽番組編成と、番組作成を担当。必要とあれば音響の確認に工事スタッフと一緒に店舗まわりもしました。その際、地域の音楽愛好家と交流。 新しい店のスタッフとして声かけられて夜の世界に踏み出す。SNS で依頼を受けて連載したコラム『愛され組曲』が WordPress サイト制作の足がかりとなりました。お客さんからは、とある女優さんに似ていると喜ばれています。 ホームページの制作、コラムの執筆いたします。あなたをスッキリさせるお手伝いもします。気兼ねなくメッセージ下さい。

WordPress 4.1 では新しい公式テーマ Twenty Fifteen が登場

晩秋にはリリースされると思われる WordPress 4.1 では新しい公式テーマ Twenty Fifteen が登場するようです。

このサイトは WordPress の開発版と公式テーマを検証するのを目的に Twenty Fourteen をカスタマイズして運用してきました。この Twenty Fourteen は開発版にインクルードされた時から、テーマだけ抜き出して正式リリース版で利用して試してみて興味心を刺激してきたのでした。

最初は使いこなしに馴染めなかったのですが、癖が習慣性を呼ぶのに似ていて手放せなくなったのです。ですから、打ち明けます。

このサイトは今後も Twenty Fourteen を使っていくます。WordPress も開発版ベータテストから公式版に切り替えました。
今後は一寸規模を限定して WordPress の動作検証をすることにして、新テーマが利用できる段階になったら新規にテストサイトを作ります。


記事を読む

『大滝詠一』の時代 ニューミュージックの創成期 ベルウッドの名曲『空飛ぶクジラ』を収録したアナログ 180g 重量盤でリリース。

ニューミュージックという言葉がなかった時代に、キングレコードの社員だった三浦光紀が、そののちにニューミュージックと言われるようになる新しい音楽を手掛けるために設立した、初のメジャー系独立レーベルに“ベルウッド・レコード”がありました。

やがてユーミン(荒井由実、松任谷由実)をアルファレーベルが売り出す時にニューミュージックという言葉が使われるようになります。

その後、桑田佳祐のサザン・オール・スターズの全盛までニューミュージックは若者音楽の中心になります。そんな日本のロック、ポップスの源流となった、究極の名盤を当時のフォーマット、LPで再発売。完全初回プレス限定盤。

日本のロック・ポップスのバイブル

本作は、レーベル創立10周年を記念して編纂されたベスト・アルバム。シングルやライヴ、はっぴいえんどの音源も収録しています。まだアルバム単位で録音をできていないバンドやシングルでヒットしている曲を集めてアルバムにする試みは、当時はレコード会社が会員制を作っていて会費を収めると年に定期的に一般発売されないレコードやCDを頒布していました。また、レコード店にサンプルとして配られるレコードにヒントを得たのでしょうが、コンピレーションアルバムに発展していきます。

アーリー大瀧詠一 (Bellwood LP Collection) [Analog]

レーベル創立10周年を記念して編纂されたベスト・アルバム。シングルやライヴ、はっぴいえんどの音源も収録。(初発売LP: K20A-369 1982/12/21) 収録。


記事を読む